水色の下着の女性

デリヘルでブスデブ地雷を踏まない方法

雨に打たれる女性

デリヘルでブスデブ地雷を踏まない方法
デリヘル、それはヘルスがデリバリーされるという夢のようなシステム。ラブホテルが一般的ですが、出張先でひとり疲れてさみしい夜に部屋に若くてかわいい子が訪れ身も心も癒してくれる…また、さみしい一人暮らしの部屋にまるでカノジョが遊びに来てくれたかのように錯覚させてくれる、イチャイチャできる、それが他の風俗では味わえないデリヘルのいちばんの魅力ではないでしょうか。
そんなデリヘル「ブスばっか」「デブばっか」「地雷踏んだ」「チェンジをお願いしたらスゴまれた」なんてこともあったりなんかして、初心者は躊躇しがち、経験者も失敗を恐れるあまり二の足を踏みがちですが、失敗を最大限に抑えるひとつよい方法があります。
それは自分の好みをきっちりはっきりさせる、たとえば「とにかく若くて学生風がよい、風俗慣れしてない初々しい子がいい」というのであれば若くて学生で風俗慣れしてない子が出勤する時間、時期を狙えばいいのです。当然平日昼間、深夜、テスト時期ではないことは猿でもわかりますよね?学生やOL、若くて風俗慣れしてない、世間ズレしてない子は学生生活や社会人生活が始まってすぐ…そう!春~夏が狙い目なのです。
とくに夏は薄着になるせいか解放感があり、その上レジャーやファッションなどでまとまったお金が入用になる子も多く、その世界に飛び込むことも少なくない…どころかむしろ多かったりするのです。春~夏は比較的レベル高く、地雷率低いです。「デリバリー」その意味は「出前」ですが、楽してこっちの都合でどんぴしゃな子がすんなり来てくれる、そんなことはありえないと覚悟した方がいいです。逆にこちらがデルヘル側に合わせる、逆にデリバリーする(?)くらいの意気込みで余裕をもったうえ、ちょっと頭をつかってあとは狙い撃ち、これが必勝法です。さぁ、狙い撃ちしましょう。